北青山外苑前の耳鼻咽喉科医院 - 認定医によるホメオパシー治療

当院の特徴

今や患者さんが自分自身の病気を理解し、医師と相談の上自分が受ける医療手段を選ぶことができる時代です。山川耳鼻咽喉科医院では、医師と患者さんのコミュニケーションを最も大事なことと考えています。 患者さんのために最新の耳鼻咽喉科医療を提供することをモットーとしている当医院では、新生児・乳幼児からお年寄りまですべての方々の耳鼻咽喉科領域のご相談に適切な答えをお出しします。

まず通常の診療にするか、ホメオパシーにするかは初診の検査と患者さんとの話し合いで決定します。これは保険診療で行います。その結果でホメオパシーの治療をしようと決まりましたら、次回からホメオパシーの診療へと進みます。

また、院内の清潔に心がけております。咳や熱のある方には、院内に入る前にマスクとアルコールによる消毒をお願いしています。常に 3 台の空気清浄機で細菌、ウィルス、ホコリなどを除去しており、紫外線による院内消毒も行い、院内感染の予防に積極的に取り組んでおります。

TOP

ホメオパシーの関連団体と当院の位置づけ

日本では、ホメオパシーを実践している団体として、私たち医療関係者(医師、薬剤師、歯医者、獣医師、他のコメディカルの資格を持った治療者)が行っている「日本ホメオパシー医学会」と、一般の医学的な知識のない人が行っているグループが存在しています。私は医師ですので、医療関係者が行う「日本ホメオパシー医学会」の会員で、ホメオパシー認定医の資格を得ています。当院では「日本ホメオパシー医学会認定」が行うホメオパシー治療を行います。

TOP

当院のご案内

〒 107-0061 :東京都港区北青山2-7-21 青山アイアイビル3F
TEL & FAX : 03-5772-6450 (番号非通知ではお受けできませんのでご了承ください。)


大きな地図で見る
地下鉄銀座線外苑前駅出口3より、スタジアム通りを秩父宮ラグビー場方向へ向かい徒歩 15秒です。

TOP

診療料金

日本では保険診療と自由診療の混合は認められていません。ホメオパシーの治療を行ったときに検査や通常のお薬を投与するとすべてが自費になってしまいます。ですから、混合診療にならないように、ホメオパシー治療の際にはホメオパシーのみとさせていただきます。
自費診療はホメオパシーの適応があるということで受診した時から始まります。

  • 初診料 5000円  およそ30分以上の面談をします
  • 再診料 2500円(レメディ代含む)  およそ15分の面談

    *例外として、花粉症などの鼻炎でレメディのみをご希望の場合にも実費のみで処方します。

TOP

院長プロフィール

山川卓也 医学博士
・日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
・日本気管食道学会認定医
・日本耳鼻咽喉科学会評議員
   昭和 35年4月12日生
   血液型 O型
山川院長写真


昭和
61年3月
順天堂大学医学部卒業
61年5月
医師国家試験合格
61年5月
順天堂大学医学部耳鼻咽喉科学教室入局
平成
3年9月
日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
4年10月
日本気管食道科学会認定医
6年8月
日本耳鼻咽喉科学会認定騒音性難聴担当医
7年10月
順天堂大学にて医学博士の学位取得
8年4月から
順天堂大学医学部耳鼻咽喉科学講座 講師
8年7月
厚生省主催補聴器適合判定医師
日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会会員
9年~16年
日本耳科学会編集委員
10年4月~12年3月
上野学園大学音楽部 生理学講師
11年7月
日本耳鼻咽喉科学会東京都地方部会幹事
15年4月 ~21年3月
港区医師会理事
15年から
日本耳鼻咽喉科学会評議員
16年から
日本聴覚医学会保険医療委員
16年から
日本耳鼻咽喉科学会東京都補聴器キーパーソン
16年2月
医療法人社団 青翔会 理事長
16年4月
身体障害者福祉法第 15 条指定医
21年8月
日本ホメオパシー医学会認定医

所属学会:
日本耳鼻咽喉科学会、日本聴覚医学会、日本鼻科学会、日本耳鼻咽喉科臨床学会、日本顔面神経研究会、日本耳科学会、日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会、日本ホメオパシー医学会など
主な著書・論文など:
知っておきたい花粉症の予防と治療、ブティック社、 2004



好評発売中!
Amazonで購入可能)  
知っておきたい花粉症の予防と治療
1.『Efficacy Evaluation by Magnetic Stimulation of Temporary Facial Nerve Palsy』 New Horizon in facial Nerve and Facial Expression, Kugler Publications, The Hague, Netherlands/1998,141-144
2.『Clinical Study of Magnetic Stimulation of the Facial Nerve』 Laryngoscope, 492-497/1999
3『.乳児鼻、副鼻腔軟骨腫の一症例』 耳鼻臨 81:839-845/1988
4.『ABRのIV-V Complexに関する一考察』 Audiol. Jpn 32:238-243/1989
5.『ABRのIV-V Complexに関する検討』 Audiol. Jpn 33:238-244/1990
6.『原田病の神経耳科学的考察-そのメカニズムと発症について』 耳鼻臨 83:1653-1660/1990
7.『スポーツと聴力障害』 Audiol. Jpn、35:233-239/1992
8.『磁気刺激装置による顔面神経の検討』 日耳鼻会報 96:1410-1416/1993
9.『磁気刺激による顔面神経麻痺症例の検討』 Facial N Res Jpn 13:97-102/1993
10.『ABRのIV-V Complex形成に関するマスキング雑音の影響』 Audiol. Jpn 36:140-146/1993
11.『磁気刺激による顔面 神経の検討』 Facial N Res Jpn 14:201-204/1994
12.『剣道による難聴について』 Audiol. Jpn 38:284-290/1995
13.『磁気刺激法の顔面神 経に関する検討』 Facial N Res Jpn 15:111-114/1995
14.『慢性副鼻腔炎に対するClarithromycin (CAM)の臨床効果について-投与量との関係』 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌 13:143-147/1995
15.『慢性副鼻腔炎に対するClarithromycin (CAM)の臨床効果について-長期観察症例の検討』 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌 14:21-25/1996
16.『顔面痙攣に対する顔面神経ブロック(穿刺圧迫法)の磁気刺激法を用いた評価法について』Facial N Res Jpn 16:81-84/1996
17.『慢性副鼻腔炎に対するロキシスロマイシンの少量長期投与-追跡調査の結果より』耳展 40:78-82/1997
18.『顔面神経の磁気刺激法の有用性について』 Facial N Res Jpn 17:19-22/1997
19.『標準耳鳴検査法1993を用いた耳鳴患者の評価について』 Audiol. Jpn. 41:261-270/1998
20.『経頭蓋磁気刺激法による顔面神経の検討―2重刺激法を用いて』 Facial N Res Jpn 18:86-88/1998
21.『再興感染症-結核をめぐって』 順天堂医学/1999
22.『三歳児健診における聴性誘発反応の有用性』 耳鼻と臨床 40:89-95/1994
23.『慢性副鼻腔炎に対するクラリスロマイシンの少量長期投与法の臨床効果について』 Advances in Therapy :7-8/1997
24.『名医の健康パドック、「慢性副鼻腔炎」』 週間現代/1998
25.『再興感染症-結核をめぐって』 朝日メディカル/1999
26.「からだ元気」出演 日本テレビ/1999年8月13日放送 
27.『名医の健康パドック「耳鳴り」』 週間現代/2000 
28.『みんなの健康相談』 朝日新聞/2000年8月20日
29.『耳鼻咽喉科診療 Q&A 「咽頭炎の鑑別」32号』 六法出版社/2000
30.『鼻疾患救急マニュアル』 ENTON:8-14/2001
31.『がんばれ!!サラリーマン「耳鳴り」』 夕刊フジ/2001年11月7日
32.『クリニックマスター Phasse 3:121-123 12月号』 日本医療企画/2001
33.『ホスピスタウン Home Dr に訊く:56-57』 日本医療企画/2002
34.『がんばれ!!サラリーマン「航空性中耳炎」』 夕刊フジ/2003
35.『がんばれ!!サラリーマン「鼻出血」』 夕刊フジ/2003
36.『元気でいこう「危険耳鳴り放置」』サンケイスポーツ/2004年
37.『知っておきたい花粉症の予防と治療』ブティック社 /2004年2月
38.『耳掃除の常識 非常識』週刊女性/2004年12月
39.『みんなの健康「幼児の耳が聞こえにくい」』朝日新聞/2005年
40.『名医がそっと教えるダメ医者の見分け方「花粉症治療編」』夕刊フジ/2005年2月1日
41.『カラダのなんでも相談室「外耳炎」』 Caz/2006年1月9日号
42.『季節の健康ナビ「花粉症に負けない最新対処術」』/2006年2月号

TOP

山川耳鼻咽喉科医院
東京都港区北青山2-7-21
青山アイアイビル3F
東京メトロ外苑前駅出口3より徒歩15秒
TEL&FAX: 03-5772-6450
*自動受付についてのご案内
 


【診療時間】
月・火・木・金  9:30~13:00, 14:30~19:00
水 9:30~12:30
土 9:30~13:00
※日・祭日休診
第2・4火曜は、18:30まで
※診察終了時間の30分前にはお越しください。
※休診日や診察時間は変更される場合があります。必ず「お知らせ」をご確認ください。
山川耳鼻咽喉科医院