喉の違和感が長期にわたって続いています。(47歳・男性)

HOME > 患者さんとの広場 > 喉の異物感・痛みについてのご質問

喉の違和感が長期にわたって続いています。(47歳・男性)

質問

初めてお便りさせて頂きます。喉の違和感が長期に渡って続いております。違和感は95年あたりに気付き、97年頃からはかなり気になってくるようになり、癌ではないかという懸念でかなり不安な毎日を過ごしていました。93年から昨年2月まで海外勤務(オーストラリア)で、97年の12月には勇気を振るって、現地の病院を訪れ、レントゲン、CTスキャンを受けましたが、異常は見つからず、原因不明という事で、一旦は安心できる結果でした。しかし、症状は無くならず、帰国後も継続した状態が続いております。最近、長時間しゃべりつづけたり、夕方にしゃべりづらくなったりという症状があり、1週間当たり前からは、のどの痛み、声枯れといった症状が続いているため、お便りさせて頂いた次第です。
のど仏の下のくぼみ辺りを押さえると違和感を感じ、つばを呑みこむ際にも気になりますが、食事をとるのには特に問題ありません。特に痛みもありません。タバコは20才頃から始めましたが、本数は3日で1箱程度でした。97年以降は毎日数本といったところで、特に気になりだしてからはほとんど吸っておりません。


返答

のどは,扁桃の組織がリングのようにとりまいており、また表面は粘膜でやわらかいところです。さらみ、食べ物や飲み物で、熱いもの刺激のあるものととりますので、このような違和感を訴えることは非常に多いようです。また、年齢とともに、また職業上首に負担があるような人は、頸椎の変形とともに、喉頭の軟骨の硬化が生じて嚥下時の違和感も発生します。CT,食道造影検査で問題なければこのような咽喉頭異常感症として考えていいと思います。しかし、念のため、日本でも精査を受けられた方がいいと思います。3年以上経っても症状が変化しない、食事はとれる、ということからも癌などは否定的ですが、できれば、検査の設備のある大きな病院がいいと思います。