咽頭検査とはどのような方法?苦痛を伴うのでしょうか。(女性)

HOME > 患者さんとの広場 > その他喉の症状についてのご質問

咽頭検査とはどのような方法?苦痛を伴うのでしょうか。(女性)

質問

去年9月に出産しました。妊娠中、いわゆるつわりが妊娠4ヶ月くらいまでで一旦なくなり、喜んだのも束の間、10日ほどして(去年の5月ごろ)またすぐに胸焼け(げっぷや、食道から咽喉にかけて押される感じ)のような症状が始まり、出産まで続きました。産院でその症状を訴えると、「大きくなった胃に子宮に圧迫されることによる第2のつわりというやつでしょう」とのことで、産めば治ると思っていたら、あまりすっきりせず「後遺症的にしばらくは続くのかな」と勝手に考え様子をみていましたが、産後8ヶ月になる現在もその症状は続き、特にここ2週間くらい症状が強まったので不安になりこの4月末に胃腸科で胃透視と内視鏡検査及び組織検査をしました。結果はただの胃炎でのどの圧迫感の原因はよく分からないらしく、心配なら耳鼻咽喉科で診てもらうよう言われました。そこで咽頭の検査を考えているのですが、私は嘔吐反射がとても強く(歯科治療で歯形を取るにも苦労するくらい)、前述の胃内視鏡では大変苦しい思いをしたので、咽頭の検査をとても恐れています。
先生の病院ではどのような方法で咽頭検査をされるのでしょうか。また苦痛の程度など教えていただけるでしょうか。情けない質問で恐縮ですが、どうぞ宜しくお願いいたします。


返答

鼻からファイバースコープを入れるので、喉には接触しないため、リラックスしていれば反射はありません。どうぞ安心して来てください。鼻には十分に痛まない処置をするので、大丈夫です。というのも、私自身もかなり反射が強いので、のどにものを入れられるのは大変嫌いです。歯科の跛型をとるのも何回もげーとなります。でも耳鼻科のファイバーは大丈夫なので、自分で見るときには自分で鼻から入れて、モニターで見ています。