耳鳴りの治療

HOME > 耳鳴りの治療

耳鳴りを訴える患者さんは大学病院では新患の 30%に上ります。
また他の統計では人口の 17%が耳鳴りを経験し、高齢者では33%、その中で 5%の人が耳鳴りのために生活に支障を来たしていると言われています。


耳鳴りモデル

まず耳鳴りはどこから起こるのかという問題を解決しなければなりませんが、これが最も困難なことです。傷害を受けた内耳の聴神経から耳鳴りが生じる場合は聞こえが悪いため、耳鳴り検査でも耳鳴り音と難聴の周波数がほぼ一致しています。高い音の場合もありますし、低い音の場合もあります。また、聞こえが悪くなくても耳鳴りが聞こえることがあります。このような無難聴性の耳鳴りの場合は精神的な影響が多いこともあります。いずれにしろ、耳鳴りの治療には患者さんと担当医師との連携した継続的努力が必要となります。

耳鳴りの検査は通常、聴力検査、耳鳴検査、鼓膜の可動性の検査、必要があれば、頭部の CTやMR、平衡機能検査、心理テストなどを行います。しかし、最も大事なのは患者さんが耳鳴りを自分の中でどのように捉えているかということで、いわゆる気になり方の尺度が問題となってきます。耳からの障害による内耳性耳鳴りであっても無難聴性耳鳴りであっても、耳鳴りを感じている感覚レベルが亢進していると、特に静かな場所で耳鳴りの音を思い出してしまうことも多々あります。

前述の通り、耳鳴り治療には継続的な努力が要され、過去から現在まで至るまで即効性のある手段というものはありません。内耳性耳鳴りの場合には、ビタミン B12、循環改善剤、ステロイドホルモン剤、漢方薬、星状神経節ブロックなどを用いて内耳障害の治療が行われます。耳鳴りの感覚レベルを抑制する方法として、キシロカイン注射、自律訓練、心理療法、TRT、耳鳴りを一時的に抑制する方法として、マスカー療法、抗不安薬、抗うつ剤等が用いられます。当院ではこれらの治療を組み合わせ、患者さんの耳鳴りに対して積極的な治療を行っています。


テイニトレアTT - サウンドジェネレーター


ティニトレア(耳鳴り治療器)
ティニトレアはノイズ(治療音)を発生する耳鳴り治療器です。いつでもどこでも装用できるため、音響療法に有効です。
当院では まず2週間の試用期間(無料)の後に効果のある方に購入していただいています。価格は48300円です。今までの耳鳴治療に十分な満足がいかない患者さまにおすすめしております。


TOPへ